一人暮らしで困ること、その対策

どんなに健康に生活していても、女が一人で暮らしているとやっぱり自分一人ではなかなかできないことがあります。例えば力仕事だったり、高いところの作業だったり、どうしても2人で共同作業しなければならないことなど、、、

最近はミニマリストの人たちのブログを読んでる影響もあってか、部屋の片付けをしまくってます。断捨離、不用品の処分。。。。

シンプルに暮らすために部屋の者用替えをしているのですが、自分一人でははかどらないことが多々アリます。そんなことを母親にちらっと話したら、困ったり人手が必要な時は何でも屋さんに電話をしてみたら?と言われました。

なるほど、何でも屋さんなら、ちょこっとした作業を気軽に依頼できるので便利かもしれませんね。実はまだ依頼をしたことはありませんが、今度機会があったら利用してみたいと思っています。実際にどんな感じだったか、機会があったらレビューしてみたいと思います。

 

遺品整理に困らないためにも生前の片付けは重要です

最近遺品整理に困っているという人が増えています。特に高齢者の場合はものをたくさん持っていることが多いので遺品整理には時間がかかってしまいます。ものがたくさんあっても片付いていれば貴重品などを見つけやすいのですが、ものがたくさんあって片付けていない場合は貴重品を見つけるのも困難になります。

遺品整理をしなくてはいけない家が遠方の場合は時間をかけることができない場合もあります。そのようなときは遺品整理をしてくれる業者に頼むということも選択肢の一つになります。ものがたくさんあれば遺品整理の費用も多くかかってしまいます。家族を困らせないためには生前から身の回りを整理しておくことが重要です。

残された家族のことを考えて貴重品の場所はわかりやすくしておくなとの配慮をしておくと家族は助かります。人は必ずいつかは亡くなります。そのときのために一人ひとりが家族のことを考えて毎日を過ごしていくことが大切なことです。

 

個人でも環境に優しい活動ができるごみ処理方法

ごみは決められた日しか捨てることが出来ないので、捨てるまで時間が掛かってしまうことがあります。特に生ごみなどは上手く管理が出来ていないと臭いなどが発生するために、早急に捨てたいことがあります。そういう時にクリーンパークなどに持ち込むことも出来るので、活用すると便利なこともあります。

しかしクリーンパークなどが近くにないと、そこまで行くのに車などを使わないといけないので費用が多く掛かります。ごみは処分をするのに環境問題などが発生してくるために、減量化していく必要があります。ごみ処理は処分する量に応じて金額負担も大きくなっていくために、ごみの減量化は環境も地域財政にも役立つことになっているのです。そのために個人でごみをどう減らしていくかというのが重要となっています。

個人で出来ることの一つに生ごみなどを堆肥することで、植物などを植える土として活用することが出来るのです。自給率を上げると共にごみを減らすのにも利用することが出来るので、家計のためにもなります。

ごみ処理を上手くすることで、環境にも優しく環境に良い活動をすることが出来ます。